山の絵 つなぐサイト by jRO

筑波山 紅葉の頃

by 武本 嘉成

415mm × 505mm / 油彩

¥88,001-(税込)

※額縁が付属します

額は各種展覧会の出展に使用しているので小さなキズが有る。ガラス入り。額はサービスします。

購入する

「山の絵」総選挙

あなたの好きな
「山の絵」はどれですか?

この作品に投票する!

※購入ボタンではありません

キャンペーンについて詳しく見る

この作品について

執筆時期:2011年10月

筑波山には関東平野の東にある独立峰で、山には神社がある。
この山は百名山の中で一番低い山(876m)で頂上に雪を見ることは殆どなく、四季の変化に乏しい。
しかし、何度描いても飽きない不思議な魅力のある山だ。
この山を東西南北いろいろな所から見たが、西の下妻、北西の母子島、南西の田中辺りからの山が見通しも良く好んで描く場所だ。
この作品は田中から描いたものである。

武本 嘉成

日本山岳画協会

1997年 全日本アートサロン絵画大賞展にて優秀賞受賞
2003年 京橋レイギャラリーにて第1回個展
2008年 銀座松島ギャラリーにて第2回個展
2010年 銀座松島ギャラリーにて第3回個展
2010年 銀座西欧ギャラリーにて第4回個展
2010年 銀座サロンドジーにて第5回個展 その他協会展

この出展者の詳細

出展してみませんか?

描いた山の絵を、共感できる人に飾ってほしい。
あなたの描いた山の絵を、
大切にしてくれる人につなぐお手伝いをします。

出展をお考えの方・画家の皆様へ