山の絵 つなぐサイト by jRO

テーマで絞り込む

新着情報

2021.10.20
「日本山岳画協会創立85周年記念画文集が上梓されました。

P132.ハードカバーの上製本です。一冊¥2000 税込み、送料込み。

連絡先 杉山修 sugiyama@osamuhanga.com

2021.10.20
登山者のための絵画の基礎知識 絵の具について(その1)

絵画の基礎知識について連載してまいります。先ずは絵の具について学んでみましょう。絵画は主に油絵、水彩画、日本画に分かれます。絵の具は顔料とバインダー(展色材)を練り合わせて作られています。その種類の違いというのは、基本的にこのバインダーの違いです。

油絵の具は顔料をポピーオイルやリンシードオイルなどの植物油で練ったもので、 油が空気に触れて酸化重合することで固まります。油絵が描いてすぐに乾かないのは、この化学変化がゆっくり進むためで、制作にじっくり時間をかけることができます。

水性絵の具のように水が蒸発するのと違い、油がそのまま固化しますので、乾燥後も厚みがほぼ変わりません。油絵の具はオイルで解いて描くことによって独特なツヤやタッチがあらわれ重厚な表現が可能です。

もっと見る

出展してみませんか?

描いた山の絵を、共感できる人に飾ってほしい。
あなたの描いた山の絵を、
大切にしてくれる人につなぐお手伝いをします。

出展をお考えの方・画家の皆様へ